審査基準

電卓

ビジネスローンには銀行のビジネスローンとノンバンク系のビジネスローン、それから政府系金融機関によるビジネスローンがあります。

 

ビジネスローンの審査に通るための最低条件は、一般的には、申し込みの時点において、税金の未納がない、ある程度の業歴がある(2年あるいは3年以上)最新決算期において債務超過でないことなどがあります。

 

このほかに所定の事業計画・収支計画・資金計画の提出などが求められることもあります。

 

これらは申し込みの条件であって、申し込みができても審査に必ず通るとは限りません。審査が厳しいといわれるのは銀行のビジネスローンです。銀行のビジネスローンは提出書類も多くなっています。ただ、審査が厳しい分、低金利というメリットがあります。

 

銀行の融資には信用保証協会保証付融資というのがありますが、これは保証協会の保証が付くので、保証のつかない融資(プロパー融資)よりも審査が通りやすくなっています。ですから、最初はこの信用保証協会保証付融資から始めるのがベストで、その後、実績を作ってから保証のつかないプロパー融資を受けられるようにしていきます。

 

もし、信用保証協会の保証がなくても、審査に通る可能性が高いのであれば、保証のつかない融資を選択し、業績が悪化したときに、信用保証協会保証付融資を利用するという方法もあります。

 

銀行のビジネスローンを利用する場合は、決算書の提出が不可欠ですが、決算書からは安全性や収益性などが分析されます。また、経営者の能力や業界内でのその会社の位置づけなども考慮され、点数化されます。この点数が高いほうが審査には通りやすいわけです。

 

ノンバンクのビジネスローンの場合は、金利が高いというデメリットがありますが、審査はゆるく、提出書類も少なくなっています。審査がスピーディーに行われるので時間の余裕がないときには助かります。また、返済期間も銀行のビジネスローンよりも長く設定されています。

事業資金にお困りの方は今すぐチェック!

 

事業資金の融資を断られて途方に暮れている経営者の方って多いと思います。金融機関に融資を断られたからと言って、他に道が無いわけではありません。

 

「資金調達プロ」は資金繰りに困っている経営者の方に最適な資金調達方法を提案してくれるプロの集団なのです。経営コンサルティングだけでなく、事業再生・M&Aなど様々な専門家と提携しているので、あらゆる面から事業調達を助けてくれます。

 

1,080万円を2日で調達、3日で4,500万円を調達など、経営難に困っている企業を数多く助けている事例もありますので、安心してお任せ出来ます。

 

100万円〜3億円まで最短即日で事業資金を調達可能な「資金調達プロ」について、今すぐ要チェクです!

 

>>>資金調達プロの詳しい内容はコチラ<<<

 

管理人オススメのビジネスローンはコチラ!

gp_frame_icon2

総量規制対象外のカードローン【ビジネクスト】

 

ビジネクスト01

>>お申し込みはコチラ<<

 

法人、個人事業主専用のカードローン【ビジネクスト】は限度額の範囲内なら何度でも利用でき、保証料や年会費が無料です。インターネットからいつでも申込めて、来店することなく借りれます。また、事業用カードローンは総量規制対象外なので年収の3分の1までに利用が制限される事もありません。

 

融資対象者

法人または個人事業主
※お申込時年齢 満20歳〜満69歳まで

融資額 1万円〜1,000万円 ※新規取引時は上限500万円
利息 (実質年率)

8.0%〜15.0%(利用限度額100万円以上)
13.0%〜18.0%(利用限度額100万円未満)

延滞損害金 (実質年率) 20.0%
担保 不要
保証人 原則不要 ※ただし、法人の場合は代表者様に連帯保証をお願いします。
返済方式 元金定率リボルビング方式
返済期間・回数 最長5年(60回以内)
必要書類

●法人のお客様
代表者ご本人様を確認する書類、登記事項証明書(商業登記簿謄本)、
決算書原則2期分 等
●個人事業主のお客様
ご本人様を確認する書類、確定申告書原則2年分 等

契約時締結費用 印紙代 (実質)

 

ビジネクスト


このページの先頭へ戻る